新築住宅建設

HOME > 新築住宅建設
 
エネルギー収支をゼロまたはプラスにする!!使う電力<創る電力ZEHゼッチ ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス 地球環境に優しい暮らしの実現に向けて、「住宅の省エネルギー化」が最重要課題のひとつになっています。 2020年に求められている省エネルギー基準よりも、さらに厳しいものが「ZEH基準」です。 ゼッチ(ZEH)とは、住まいの断熱性・省エネ性能を上げる「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせることで、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。  
断熱・省エネ・創エネの3つの基準を満たす小幡工務店のZEH住宅

ZEH仕様の住まいにするためには、断熱・省エネ・創エネの3つの基準を満たす必要があります。 小幡工務店のZEH仕様住宅は、高性能断熱材や高断熱サッシなどを使用し、「断熱」の基準を満たしております。 また、換気・空調、照明、給湯の「省エネ」アイテム、「創エネ」として太陽光発電パネルを設置し、3つの基準をすべて満たした住宅となっております。

(断熱+省エネ)-省エネ≦0 1年間の一次エネルギー消費量※
ZEH(ゼッチ)の住まいには、125万円の補助金が支給されます※
2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すべく、ZEHの普及を加速させることを目標として、ZEHを新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。 ※地域区分・建物規模によらず全国一律。寒冷地特別強化外皮仕様の場合補助金額は異なります。

構造について

在来工法(木造軸組工法)について 在来工法(木造軸組工法)について

在来工法というのは、「昔から日本にあった建築方法」という意味で、日本では、柱と梁を組んで家の骨組みを造る手法が用いられてきたため、木造軸組工法や在来軸組工法とも言われます。

新築もリフォームもしやすい自由設計 木を組んで造り上げる在来工法(木造軸組工法)は、設計上の自由度が高く改修も比較的容易です。 また、建材の選択肢が幅広いため、構造体と造作で材を変えるなど、工夫次第でコストダウンも可能な工法です。 在来工法は、壁式構造に比べてリフォームしやすいのも特徴です。

木軸構造の耐震性能 「在来工法は地震に弱い」という誤ったイメージを持たれることがあります。 しかし実際に問題となるのは在来工法(木造軸組構造)の構造ではなく建てられた時期なのです。 建築基準法の改正以前に建てられたものは、強度が十分ではないという点です。 法改正を重ねた現在の建築基準法に従って建築された木造軸組建築は、災害にも耐えられるよう設計されていますので、ご安心ください。

 
鉄筋コンクリート造(RC造)について 鉄筋コンクリート造(RC造)について

鉄筋コンクリート造(RC造)は、圧縮に強いコンクリートと引っ張りに強い鉄筋を組み合わせた構造です。素材そのものが衝撃に強い上、外からの力を「面」で分散して受け止める構造のため、高い耐震性を誇ります。 また、コンクリートは素材自体が不燃材であり、住まい全体が耐火構造であると言えます。

気密性と遮音性に優れた省エネ住宅 躯体に継ぎ目のない鉄筋コンクリート造は気密性が高く、外気温の影響を受けにくいため、年間を通じて空調費用を低く抑えることができます。

デザインが自由自在 型枠に合わせて成形できる鉄筋コンクリート造の住まいは、半円や円柱型、大きな張り出しなど、自由度の高いデザインを採用できます。 構造体をそのまま外壁として見せる「打ち放し仕上げ」は高い施工精度が求められますが、独自のモダンな質感が人気です。

 
鉄骨造(S造)について 鉄骨造(S造)について

鋼材は木や鉄筋にAS比べて非常に強度が高い素材です。そのため鉄筋コンクリート造(RC造)に比べて構造部分を軽く抑え、住まい全体を軽くすることができます。 地盤の状況により鉄筋コンクリート造の建築ができない場所でも、鉄骨造の住まいであれば建築可能なことがあります。

リフォームが容易なスケルトン&インフィル構造 鉄骨造は内装と外装が分離した「スケルトン&インフィル構造」です。 建物の構造体と内部の間仕切りがそれぞれ独立しているため、建築後、ライフスタイルの変化に合わせて大規模な間取り変更が可能です。 高い耐久性を活かし、住人に合わせてリフォームを繰り返すことで、長期間住まいとして機能する「資産」となります。

 

施工事例一部ご紹介

小幡工務店が実際に行った施工例をご紹介致します。

施工事例

施工事例一覧を見る

歴史が刻まれた古民家小幡工務店の古民家再生プロジェクト

歴史が刻まれた古民家小幡工務店の古民家再生プロジェクト

昔の家屋には、構造の柱や梁から建具一つにいたるまで、古民家には地場で育った太い良材が惜しげもなく使われています。 長きにわたって、皆様を見守ってきた家屋は、家族の皆様にとってかけがえのない財産でもあります。 リフォームの際、新しい建具や木材を使い、古民家の風合いを損ねてはせっかくの良さが半減してしまいます。 小幡工務店では、古民家の風合いを無くさず、古民家を知り尽くした職人の技術をもって、新しい息吹を吹き込みます。 古民家の趣を大切にし、リフォーム、建て替えをさせていただきますので、まずは施主様のご要望をお聞かせください。

施工事例一部ご紹介

小幡工務店が実際に行った施工例をご紹介致します。

施工事例

施工事例一覧を見る


施工事例

施工エリア 小幡工務店

株式会社小幡工務店  〒270-1337千葉県印西市草深1042
■施工エリア■ ※下記のエリア以外も応相談
【茨城県】龍ヶ崎市
【千葉県】印西市・白井市・八千代市・船橋市・佐倉市・柏市・松戸市・我孫子市・栄町・
酒々井町・成田市・市川市・浦安市

  • お電話でのお問い合わせはこちらtel:0476-46-0259
  • お問い合わせ
  • 無料お見積り
Copyright© 2017 – ‘2019’ obata-komuten All Rights Reserved.